こだわりの石油系洗浄成分の特徴

こだわりの石油系洗浄成分

1930年代にドイツで石炭から抽出した洗浄剤が先駆けて登場したのがきっかけでした。当時のドイツでは世界大戦の真っただ中だったため資源が少なかったからなんですよね。

 

その後にアルキルベンゼンスルホン酸などの洗浄剤などが出回ってきましたが、1980年代の頃から下水問題として環境悪化が叫ばれていましたから徐々に石油系の洗浄剤は少なくなってきました。

 

今では高級アルコール系の合成した洗浄成分であるエーテル系のなっていますが、植物性での合成でも洗浄力が強く、頭皮が荒れやすいんですよね。

 

石油系を含めエーテル硫酸系の洗浄成分は肌への残留性の高さが良くあげられています。その為頭皮トラブルに繋がりやすいそうなんですよね。

 

洗浄力が高いため髪がキシム事でシリコンが配合されていたりするのでできるだけ育毛や抜け毛のトラブルがある方は石油系を含めた洗浄力が強すぎるシャンプーは使用しない方が良いのかもしれません。

こだわり天然アミノ酸系洗浄成分の良さ

こだわり天然アミノ酸系洗浄成分

天然系のアミノ酸系シャンプーは育毛シャンプーの洗浄成分としても使用されています。天然系アミノ酸シャンプーの特徴としては、やはり洗浄力がマイルドで頭皮に優しいと言われている所なんですよね。

 

でも弱酸性でマイルドだと人によって個人差はありますが、頭皮にかゆみがある人もいるようです。天然アミノ酸系洗浄成分はココイルグルタミン酸や、コカミドプロピルベタインなどがあります。同じ様に見えてしまいますが、これらにも洗浄力の違いやまたはサッパリ系やしっとり系のシャンプーと言う風に違いがあります。

 

赤ちゃんに良いシャンプーはどんなシャンプーでも赤ちゃんに適していると謳えますが、天然アミノ酸系洗浄成分を使用しているシャンプーは赤ちゃんに適しています。また皮膚が薄い犬用のシャンプーとしても使用されていたりします。

 

天然アミノ酸系シャンプーのデメリットとしては脂性の方には洗浄力がないので2度洗いすると言うのが良いでしょう。

▲上へ戻る