合成アミノ酸系シャンプーの特徴はどうなの?

合成アミノ酸系シャンプー

合成アミノ酸系シャンプーと呼ばれる洗浄成分が結構アミノ酸シャンプーとして良く入っていますが、どのようなものなのでしょうか?自然派シャンプーとして良く使用されている洗浄成分にはオレフィンスルホン酸があります。

 

脱脂力やタンパク質変形作用はラウレス硫酸とほぼ変わらない様な洗浄力があるのですが、良く使用されていたりします。

 

また金属カスと言う形で酸性石鹸などもありますが、ラウレスと言う様な表記がある場合には合成系のアミノ酸系洗浄成分と呼ばれるらしいです。アミノ酸系の洗浄成分ではマイルド過ぎて頭皮のべたつきや脂性の人には洗浄力が弱いので補助的に合成アミノ酸系洗浄成分を配合してある場合もあります。

 

主洗浄成分の場合には洗浄力が強すぎる傾向にあるので頭皮が弱い人やアトピーの人などは洗浄力が弱いシャンプーを使用して2度洗いする方が頭皮には良いのではないでしょうか。

 

また合成系のアミノ酸シャンプーは洗浄力が強いのでノンシリコンの場合は天然アミノ酸系シャンプーにあるヌメリ感がなく逆にキシム場合もあるようです。

合成アミノ酸系シャンプーの特徴はどうなの?記事一覧

正しいシャンプーの方法ではどういった方法がより良い頭皮ケアに繋がるでしょうか?シャンプーの方法では色々な方がいます。なんどもこまめに洗う方か...

ミストタイプの育毛剤が直接頭皮の奥まで浸透しやすくナノ化した成分がしっかりと毛乳頭を刺激して育毛を実感することができます。無添加育毛剤なので...

以前は朝バナナダイエットが人気となったことがあります。減量期のボクサーとかバナナをよく食べるのもマグネシウムやカリウムなどが豊富であるという...