高級アルコール系洗浄成分の特徴

高級アルコール系洗浄成分

高級エタノール系は今主流のシャンプーで市販シャンプーのほとんどが採用されている洗浄成分ですが、刺激性や脱脂力、タンパク質変形作用など頭皮に刺激になりやすく頭皮の荒れに繋がりやすいと言われています。

 

今でも台所用洗剤などで使用されている洗浄成分なので泡立ちは良いんですよね。

 

しかし髪がキシムためジメチコンなどのシリコンが配合されている事も多いです。

 

洗浄力が強ければ強いほど髪はキシムのでシリコンの配合量は多くなります。洗浄成分の中でも残留性があるため毛穴が詰まりやすく、また刺激に繋がりやすいのですが、洗浄力はあるので頭皮の皮脂はキレイサッパリになりやすく、毛穴の汚れは落ちないと言う悪循環があると思います。

 

また残留性以外にもシリコンは中々吸着してはなれない性質があるため、ノンシリコンシャンプーを1回使用したどころでは取れないんですよね。髪をコーティングするコーティング剤と洗浄成分が混ざり合っているので育毛と言う観点ではあまり使用したくはないシャンプーの洗浄成分です。

 

しかし洗浄力のなさをカバーするために高級エタノール系のシャンプーを配合している事もあるのでシャンプーの品質などを確かめてみてから購入してみると良いですね。トライアルなどから始めてみると良いと思いますよ。