すすぎ不足による毛穴のつまりが背中のニキビにつながる?の情報ページ

すすぎ不足による毛穴のつまりが背中のニキビにつながる?

すすぎ不足

ニキビは主に思春期に生じやすいもので、多感な時期に顔にできてしまうと友達に会うのも嫌になるのですが、若いときだけでなく成人後も生じる場合もありますので、日々の肌ケアは欠かすことができません。

 

またニキビは顔だけでなく他の部位に生じることもあり、特に背中に関しては直視できないことから発見が遅れる場合もあるのですが、この背中ニキビは体の内部の問題だけでなく、入浴の際に使用するシャンプーに関係があることをご存じでしょうか。

 

背中ニキビとシャンプーと聞くとどのような関係性があるのか見えにくいものですが、入浴の際に洗浄成分やリンスなどの洗い残しがあると毛穴詰まりを起こしてしまい、毛穴内部で炎症を起こしやすいことが原因としてあげられます。

 

体の他の部位と比較したときに背中は皮脂の分泌量が多い特徴があり、もとより毛穴内部に皮脂や古い角質がたまりやすい状態にあります。

 

そうした状態で髪を洗った場合に十分にすすぎ洗いをしないと、洗浄成分もまた毛穴内部に溜まりやすく、洗浄成分は肌への刺激が強いため背中ニキビがより悪化した状態に陥ることも往々にしてあります。

 

また紫外線の影響で抜け毛が多くなる場合もあるので、背中ニキビも含めた頭皮ケアも行う場合にはアミノ酸系シャンプーを使用するとよいでしょう。

▲すすぎ不足による毛穴のつまりが背中のニキビにつながる? 上へ戻る

すすぎ不足による毛穴のつまりが背中のニキビにつながる? 先頭へ戻る