頭頂部の薄毛は男性型脱毛症の情報ページ

頭頂部の薄毛は男性型脱毛症

頭頂部の薄毛

頭頂部の薄毛は男性型脱毛症の特徴的な症状です。

 

なぜ頭頂部から薄くなるのかというと、頭頂部は男性ホルモンの影響を受けやすい場所だからです。

 

男性型脱毛症、すなわちAGAは男性ホルモンDHTがヘアサイクルを乱すことが原因だといいます。

 

DHTが成長期の髪の成長を妨げ、十分に育たないうちに抜け落ちてしまうのです。このDHTは男性ホルモンテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつき、変換されることで作られます。頭頂部はこのDHTの影響を受けやすい場所であるため、この部分からの薄毛や抜け毛が多くなるのだそうです。

 

またAGAは生え際からも薄くなる人も多く、生え際もまたDHTの影響を受けるのですが、実はやっかいなのは生え際からの脱毛です。

 

DHTの影響が大きいのが生え際であり、そのため生え際の薄毛は改善が困難だといいます。

少し頑張って髪の毛の施術をすることで毎日がイキイキとしたものになるのならば、親としても是非ともすすめてあげたいところです。朝のセットも時間が...

脱毛症には加齢によるものや男性ホルモンや遺伝、生活習慣やストレスなどがきっかけで起こるなど様々な原因が考えられます。加齢による老人性脱毛症や...

育毛剤でなかなか抜け毛が解消できない場合には、もう少し刺激が少ない人気の女性用で良い養毛料を使用してみると良いかもしれません。またウィッグな...

頭頂部はDHTの影響を受けるとはいえ、比較的に改善しやすいと言われています。実は頭頂部の薄毛はDHTの影響もさることながら、生活習慣が大きく...

▲頭頂部の薄毛は男性型脱毛症 上へ戻る

頭頂部の薄毛は男性型脱毛症 先頭へ戻る