頭皮が脂性につながる原因は?の情報ページ

頭皮が脂性につながる原因は?

頭皮が脂性につながる

しっかりシャンプーで洗っているのに、すぐに頭皮のベタツキ感が気になる方は過剰に皮脂が分泌されています。

 

ある程度の皮脂が保たれていると適度な潤いを維持でき、健康な状態の頭皮環境になりますが、あまりにも皮脂が多すぎるとベタベタして不快に感じるだけでなく、頭皮環境を悪化させて抜け毛を増やしたり新しい髪の毛の再生が邪魔されて薄毛が進行します。

 

皮脂が多い方は抜け毛に繋がりやすいので、適度な皮脂量を保てるように調整しましょう。

 

余分な皮脂が分泌される原因は色々ありますが、主に生活習慣や過剰なストレスが引き金になる場合が多いようです。

 

食生活では揚げ物や肉類が大好きで毎日のように食べている方、野菜嫌いでほとんど食べていない方、甘いお菓子が大好きな方は特に要注意です。

 

毎日栄養バランスが偏った食事を続けていると、皮脂を余分に分泌させる大きな原因になります。

 

ストレスや喫煙、睡眠不足が原因で頭皮の血流が悪くなり、代謝機能の低下で皮脂が多く分泌する可能性も高いです。

 

自分自身の生活習慣を振り返ってみて、余分な皮脂を分泌させている原因に心当たりがある方は、改善できるように努力して下さい。

少し頑張って髪の毛の施術をすることで毎日がイキイキとしたものになるのならば、親としても是非ともすすめてあげたいところです。朝のセットも時間が...

脱毛症には加齢によるものや男性ホルモンや遺伝、生活習慣やストレスなどがきっかけで起こるなど様々な原因が考えられます。加齢による老人性脱毛症や...

頭頂部はDHTの影響を受けるとはいえ、比較的に改善しやすいと言われています。実は頭頂部の薄毛はDHTの影響もさることながら、生活習慣が大きく...

▲頭皮が脂性につながる原因は? 上へ戻る

頭皮が脂性につながる原因は? 先頭へ戻る