オレフィンスルホン酸が配合されたシャンプーのデメリットは?の情報ページ

オレフィンスルホン酸が配合されたシャンプーのデメリットは?

オレフィンスルホン酸が配合

また、オレフィンスルホン酸は石油系ほどではなくとも皮膚を刺激したり、タンパク質を変性させる作用を持っています。

 

タンパク質はアミノ酸の多重重合体で、髪の毛や頭皮を構成している物質になります。

 

これが変性してしまうということは、それだけ大きなダメージを与えてしまうので、髪や頭皮に良い訳がありません。

 

しかも、一度変性したタンパク質は元に戻らず、ダメージも蓄積してしまいます。

 

そうなればいくら綺麗な髪の毛にしたくても、できなくなってしまうのです。

 

オレフィンスルホン酸は皮脂を落としすぎる、タンパク質を変性させるという2つのデメリットによって、髪や頭皮の健康を奪ってしまいます。

 

ですので石油系合成界面活性剤じゃないにしても、オレフィンスルホン酸が使われているシャンプーは使わないようにするのが一番です。

▲オレフィンスルホン酸が配合されたシャンプーのデメリットは? 上へ戻る

オレフィンスルホン酸が配合されたシャンプーのデメリットは? 先頭へ戻る