脱毛症の主な種類と特徴は?の情報ページ

脱毛症の主な種類と特徴は?

脱毛症の主な種類と特徴

脱毛症には加齢によるものや男性ホルモンや遺伝、生活習慣やストレスなどがきっかけで起こるなど様々な原因が考えられます。

 

加齢による老人性脱毛症やストレスによって自分で毛を抜いてしまう脱毛症、抗ガン剤の副作用による脱毛症などが主な脱毛症になり、特に老人性脱毛症は加齢によって誰もが自然になり得るもので、髪の毛だけでなく全身に及び、毛の減少率に個人差があるものなので病気と判断しがたいものといえます。

 

また、脱毛症には男性だけがかかるものもあれば女性特有のものもあり、最近では女性用育毛剤もちらほらと見かけるようになりました。

 

この女性特有の脱毛症には出産時にホルモンバランスが崩れることによって起こる分娩後脱毛症や髪が長く後ろで髪をまとめることが多い方に起こる牽引性脱毛症、最近女性に増えているといわれ、髪全体が薄くなっていく瀰漫(びまん)性脱毛症などがあります。

 

また、脱毛症は最近では脱毛エステやクリニックの進出により、区別をするために脱毛ではなく薄毛と呼ばれることのほうが多くなっています。

少し頑張って髪の毛の施術をすることで毎日がイキイキとしたものになるのならば、親としても是非ともすすめてあげたいところです。朝のセットも時間が...

脱毛症には加齢によるものや男性ホルモンや遺伝、生活習慣やストレスなどがきっかけで起こるなど様々な原因が考えられます。加齢による老人性脱毛症や...

育毛剤でなかなか抜け毛が解消できない場合には、もう少し刺激が少ない人気の女性用で良い養毛料を使用してみると良いかもしれません。またウィッグな...

頭頂部はDHTの影響を受けるとはいえ、比較的に改善しやすいと言われています。実は頭頂部の薄毛はDHTの影響もさることながら、生活習慣が大きく...

▲脱毛症の主な種類と特徴は? 上へ戻る

脱毛症の主な種類と特徴は? 先頭へ戻る